副業をする理由・対策『副業でお金を稼ぐ方法』副業をする理由・対策『副業でお金を稼ぐ方法』



将来のお金

貯蓄はいくらあれば安心ですか?

将来のお金のこと、考えると不安になりますよね。老後資金に2,000万円や5,000万円の貯蓄が必要だといわれ、年金は崩壊しているから若いうちからお金のことを考えておかないと、と危機感を抱いている人も少なくないと思います。結論的に一生働かなければならないのかもいれないです。

年金制度は崩壊しない!?

■マクロ経済スライド方式

生まれてから100歳になるまでの納めるべき年金と支給される年金のバランスを考えて作られたシステム。現役世代(支え手)の人口が減り続ける一方、高齢世代(受け手)の人口は2040年頃まで増え続けます。この「支え手が減って受け手が増える」期間を乗り切るための仕組みが、マクロ経済スライドなのです。

■元々の仕組みでは無理が

年金制度が出来たのは1961年でその時の平均寿命は「男66.03歳、女70.79歳」で支給年齢は60歳でした、支給開始から5~10年で寿命となり今のような90歳、100歳となれば25年以上もの期間支給されることになってしまいます。年金財政が持たないのも納得でき支給年齢も上げられて当然な流れです。

■物価スライド方式

年金制度は崩壊しない!?

以前は、年金の支給額は、物価や賃金に応じて決められることになっていました。この年金制度は年金を納めている現役世代が減り、受給者が増える日本においては、最終的には受給額を支払うことができなくなってしまいます。そこで登場したのが「マクロ経済スライド」(2015年~)という仕組みです。

銀行貯蓄では実質的価値はマイナス

■貯金して増やす残す時代は終了してます

日本はバブル期を終えて長期間にわたりデフレ時代に突入しました。銀行や郵便の定期貯金で年間5%超の利息で物価上昇率が横ばいの中、資産を増やすことが出来ました。
近年の銀行定期貯金利率で0.01%以下で100万円を10年預けても1000円です。
政府が掲げているのがインフレ(物価上昇)2%です。10年後100万円ものだったのが122万円となっています。10年後、同じ商品を買おうとしても22万円足りないってことになってしまいます。

副業で収入を得ることと継続的な資産構築

■時代の物価価値に見合った継続的な収入をつくる

頑張って2000万円貯蓄してもお金の価値が下がってはせっかく貯めたのに足らないってことになりかねないですよね。足らないから結局は身体にムチ打って働き続けることになってしまうかもしれません。
そのためにも物価上昇に対応した権利収入を構築することも必要であるのではないでしょうか?

経済勉強会

■お金を「創る」「守る」「増やす」3つの方法

これから日本経済がどう動くのか政府が何をしようとしているのか・・・そして、今から何をしておくべきかを知っておくことで資産を増やしていくことが可能となりますので副業「FX・物販等」・節税・資産構築セミナーなどに参加され知識を広げるべきではないでしょうか