副業でお金を稼ぐ方法!!会社員・主婦でも出来るスマホ副業

将来の不安ランキング
 1位は「お金」、2位は「仕事」
「お金が足りない」とならない様に
「副業」と「節約」を始めておくことを
お勧めします!!

お金を稼ぐ方法は「副業」OR「節約」

会社員がお金を稼ぐ方法

ご自身にあったお金の稼ぎ方はどれですか??

  • 節約して家計の支出を減らす
  • 出世して転職して本業の収入を増やす
  • ネット副業でアルバイトで収入を増やす
  • FX株・不動産などの投資でお金を増やす
  • 控除申請で納める税金を減らす

『稼ぐ派』 OR 『節約派』

副業でお金を稼ぐ理由は!?

■働き方改革
「働き方改革で時間に余裕が出来たが、残業時間が減った分の給料保証もなく、お金に余裕がなくなって遊べない生活費がお金が足りない……」と節約や副業でお金を稼ぐ方法を探される方が増えています。
■年金問題
老後資金に2,000万円や5,000万円の貯蓄が必要だといわれ、年金は崩壊しているから若いうちからお金のことを考えておかないと、と危機感を抱いている人も少なくないと思います。年金の不足分を補填するために一部の企業では確定拠出年金制度(DC)を取り入れたり、もしくは個人で始める方が増えてきています。

     

お金は稼ぐを選ぶ人の理由は

「節約はネガティブなイメージがするから」「節約だとストレスが溜まるから」「節約で我慢したくない」「お金が増えたほうが嬉しいから」などの理由があると思われます。副業等でお金を稼ぐは、スキルアップに繋がったり、付加価値を生み出すことができるようになると考えておられるようです。
稼ぐ事をプラス志向として捉えている傾向にあります。ただし、副業で稼ぐためには「時間的に」「体力的に」制約を受ける部分も多く継続的にやり続けるのは厳しくなってくる事もあります。

     

節約を選ぶ人の理由は

「お金を稼ぐのは大変」「稼ぐよりも節約の方が簡単だから」「働くのはあまり好きでないから」「副業する時間がない」といった事が上げられます。稼ぐことに対して「大変そう」や「難しそう」「仕事が嫌」といったネガティブイメージ志向からお金を得る方法の手段として節約を選択している傾向にあります。逆に特別なスキルや時間的な制約をとくに受ける事はないので長期間にわたって継続的におこなえます。

会社員が始める人気の副業は!?

メリットとデメリットは?

会社員が副業を始めるメリットデメリット

会社員が副業で様々なビジネスを始められる方が増えてきています。そして、稼ぎだしたときにに考えるのが兼業から専属で個人事業主への道です。結論としては保険や税金面的に見たときには会社員と個人事業主であるときのメリットの方が大きいと思われます。個人事業主で思うような収入を得られるのなら、本業を辞めて時間的ゆとりを作りたいというのもひとつの選択ですが、可能なら会社員と個人事業主の兼業をお勧めします。 投資や副業(兼業)でお金を稼いだら節税対策もわ忘れなく。

人気の不動産投資

サラリーマン(会社員)が不動産投資を始める人が増えてきています。サラリーマンが行う不動産投資の最大のメリットは節税と節約、将来の生活資金の確保が挙げられます。ただし、購入する不動産を間違えると毎月のローン代が負担となって手に入れた不動産を手放すことになりかねません。不動産投資を成功させるためにも不動産に対する知識を身につけてください。

人気のFX副業

FXトレードは場所や時間を気にしないで取引できるので、仕事の時間が不規則な方でも始めれるのがFXトレードです。またFXトレードはスマホ1つでできるので、場所を選ばず都会だろうが田舎だろうが海外だろうが、ネットがつながる限りできる仕事です!!FXは少額で始められることや初心者でも利益を出しやすいことから、サラリーマンや主婦からも注目されている人気のFX副業です。(※トレードリスクはあります)

人気のスマホ副業

スマホ副業で人気なのはスキマ時間に手軽にできるポイ活やフリマ転売などが上げれます。「スマホ副業」といってもその業種は多種多様で、簡単に稼げるもの特殊なスキルが必要なもの。100%儲かる副業があっても「アルバイト」と違って、稼ぐ事が出来る人、出来ない人が出てくるのがスマホ副業です。

家庭の節約

メリットとデメリット

家庭出来る節約のメリットデメリット

節約でまず最初に思いつくには、「食費の節約」「交際費」「娯楽費」などの流動支出が思いつくと思います。毎日すぐに効果が出るので支出が減っていると実感できる節約になります。流動支出は我慢するという事で一過性の節約になりやすい傾向になります。これに対して固定支出は我慢することなく継続的な節約ができます。

固定費の節約

固定費には「家賃」「光熱費」「通信料」「保険費用」などが上げられます。生活する上でなくては困るものであったり、不安になるといったものが含まれています。固定費の節約は、一度切替える事で特に何も我慢することなく取り組める節約方法になります。

流動費の節約

何となく節約しているつもりだけど、なかなか「貯蓄が増えない」「毎月赤字になる」という方は、流動費の節約の落とし穴にはまっています。流動費は我慢することが多く、我慢の反動から余計にお金を使っている傾向があります。何にお金を使っているかを把握する必要があります。